水道の修理を依頼する前に漏れているかどうかを判別

水道のトラブルが起きた際には、まず本当に漏れているかどうかを考えていかなければいけません。水道が原因の元でなければ、対応方法を新たに考え直す必要があるからです。水道という設備の性格から考えていくと、原因の発見は早くできます。

■量水器で漏れているかを判別

水道は、水圧をかけて水を送り出しています。漏れているとすれば、水が常に流れている状態が考えられます。すぐにでも修理をしなければいけませんが、ひとまず水道を使っているものすべての使用を取りやめます。この段階で、元栓の横にある量水器をチェックし、わずかでも動いているのであれば、水道管のどこかに問題があると判断できるでしょう。
水道管が見えるような場合には、耳をつけて音を聞いてみるのも一つの方法です。流れている音がするのであれば、必ず漏れている箇所があります。



■水たまりなどの反応から

水道から水が漏れている以上、何らかの反応が出てきます。水溜まりができるというのもサインになるでしょう。ただし、水は高いところから低いところへ流れるため、高いところに反応が出ることはありません。周辺も必ず濡れてくるようになるため、異常を見つけたところから追いかけてみるといいでしょう。
外の配管などでは、土が濡れているといった現象が出てきます。水のにおいがするといったことも原因発見に役立ちますので、細かな反応を逃さないようにすると見付けやすいでしょう。



■まとめ
もしも、水漏れなどが見られるときには、すぐに修理を考えるべきです。水道管の修理が素人では難しいことが多いのは、それだけの圧力がかかっていることが理由として挙げられます。給湯器 修理などもリスクが大きくなってしまうことから、専門業者に依頼して修理をするのが一番です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ