水道のトラブルが起きやすい蛇口を修理

水道の問題として、蛇口に異変が起きることは良くあることです。水道は蛇口がなければ正常に利用ができません。ところが、ある日突然トラブルがやってきます。本来は細かなサインがありますが、気づくことが少ないため、突然大きな問題がやってきたように見えるのです。

■わずかでも漏れているときには修理を

実際に蛇口を締めた時に、わずかでも漏れているようなことがあれば、修理を考えておかなければいけません。蛇口をひねって水が出てくるのが基本構造ですので、締めて漏れるというのは問題があるからです。その多くは、内部にあるパッキンの劣化であり、水密性が取れていないことが大きな原因として挙げられます。これは、レバー式の蛇口でも考え方は変わりません。



■蛇口自体を交換

水漏れでは、蛇口を交換するということも考慮する必要があります。現在の蛇口の構造は、スパナだけで分解できるようになっていることも多々あり、かなり簡単に交換ができます。
注意事項としては、まず元栓を締めるということを念頭に置くことが求められます。止水栓を締める方法でも対応できますが、水が出てこない状況を作らなければ、水漏れどころではない大惨事を招いてしまいます。修理するつもりが被害を広げてしまうこともあるため、必ず締めてから作業を始めることが大切です。


■まとめ
蛇口周りには、問題が多く発生します。修理ができるような場合もありますが、交換してしまうという方が確実なこともあるでしょう。複雑な機構を持っている場合には、特殊な工具を使う場合もありますので、そういった方法に対応できる専門業者に依頼するほうがいいでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ